魔女の宅急便・名シーンまとめで続編が気になる!?【一部ネタバレ】

Pocket

本日は、ジブリ映画「魔女の宅急便」に関して、みんなが選んだ名シーンについてまとめていきたいと思います。

名シーンって代表的な名シーンから、そこ選ぶの?っていう、斬新なチョイスもありますよ。
名シーンって原作で読むのもいいけど、やっぱり映像化されたもので観たいって思いますよね。登場人物のセリフも声優さんに喋ってほしいですし。

そんなわけで、原作からの「続編」の制作を希望です!

ジブリ作品のファンとしては魔女の宅急便の続編に期待したいところですが、
なかなか難しいのかな?

ってことで、続編への思いを募らせつつも、名シーンをまとめていきたいと思います!

あなたが選ぶ魔女の宅急便の名シーンは?見どころは

作品全体の世界観が名シーン?

・画面が明るくキレイで(使われた色数も多い作品とききました)
世界観や街がステキです。そして久石譲さんの音楽が秀逸

・そういえば、主人公が元気に縦横無尽に動きまわる爽快明解な宮﨑駿作品の内で珍しく
正面から挫折や 悩み葛藤を 描いた良い意味でらしくない挑戦も含んでいる作品な気がします。

パン屋のおソノさんとの出会い。グーチョキパン店での仕事

スポンサーリンク

・やはり登場人物はないでしょうか。色んなキャラクターがいる中で「キキ」と「ジジ」の掛け合いが鮮明に描かれています。ジブリ作品のなかでも群を抜く勢いでこの作品は目立っています。

・泊まるところがなくパン屋の女性に泊めてもらいそのままそこで生活を始め順調に街に馴染んでいく過程

魔女の宅急便・海の見える街のシーン

・夜の街を飛ぶシーン、列車から飛んで行くはじめのシーンも印象的でした。
モデルになった街並みがとても美しく、子供の頃何度も見た映画でした。

・特に印象的なのは、やっぱり冒頭の「海の見える街」の曲と共に空に舞い上がるシーンと、
大きな絵のシーンでしょうか。「神秘なる絵」という曲が流れます。

主人公キキがほうきで空を飛ぶシーン

・キキがほうきで空を飛ぶのが、とにかく素敵な映画。

・キキがほうきにまたがって空を飛ぶシーンは、やはり一番印象的でした。子供ながらに、空は飛べない事は知っていたけれど、あのシーンを見ると、自分ももしかしたら飛べるのではないかという気にさえなります。

主人公キキとその家族を描いたシーン

・主人公のキキが旅立つ時のシーン。お父さんと来週キャンプの予定だったのに、突然思い立って出発を決意してしまい、居ても立っても居られないキキの様子と、戸惑いつつも暖かく見送る家族のシーンは思わず涙が出てしまう。

短いシーンではあるが、家族の愛に溢れた様子が美しく描かれている。

キキの魔女の修行への旅立ち~汽車のシーン

・キキが出発する夜、友達や知り合いが沢山集まって旅立ちを見守るシーン。

・キキが寝てしまっていた貨物列車から飛び立ち、港町へ近づくシーン。

「空飛ぶ宅急便」キキの仕事っぷり

・キキが1番最初に仕事をした、登場人物である「ケット」にぬいぐるみを届けるシーン
子どもの時から何度も見ています。主人公キキが成長していくストーリーも素敵ですが、わたしがとても気に入っているのはその素敵な街の風景。ヨーロッパの旧市街、雰囲気あるお店、空から見た街の美しさ。こんなところに一度行ってみたいと憧れました。

・キキが自分にできることを見つけ、宅配業を始めるところ。最初はなかなかうまくいかないんですが、少しずつ仕事が増えていくことで色んな人と出会っっていくところがいつも楽しく観ています。

・私が印象に残ったシーンは、自ら配送の仕事を始めてイキイキしてるキキの姿です。でも突然飛べなくなり自身をなくしてしまい、悩んだりしても最後にトンボの為に一緒懸命に飛んで助けるシーンです。

トンボとの恋愛模様

トンボが夢を語り、キキを後ろに乗せて走るシーン

スポンサーリンク

名場面といえばこのシーン!デッキブラシでトンボを救うキキ!

・ホウキに乗っても飛べなくなったキキがとんぼを助けるシーン

・キキが飛行船にトンボがぶら下がっているのを知って助けに行くシーン

・キキがトンボを助けるためにほうきに乗り街を滑空するシーン。
宮崎駿監督の作品らしく、空を飛ぶ描写はやはり素晴らしいと思いました。

・魔法を使えなくなった少女が守りたい人間のために再び立ち上がるという展開もまた、いいと思いました。

・幼少の頃から何度も観ている作品です!全部が見どころですが、やはり最後のキキがデッキブラシを清掃員に借りて『飛べっ!!』と強い想いをかけてただのデッキブラシで飛んでトンボを助けに行くところです!

・『飛べっ!』というシーンのキキの顔を見るとこちらも力が入ってしまいます!不安定な飛行ながらもなんとかトンボのところに近づいていき、トンボを助けます。なかなか、思うように飛べずとうとうトンボが力尽きてロープを離してしまいますが間一髪でキキは受け止めます。
そのシーンは何度も観ていて分かっているのにジーンと涙が出てしまいます。
その後、ジジの言葉は分からないままですがキキの側に寄り添うジジの姿にも感動します。

・魔女キキがホウキで飛べなくなった後に、悩んで頑張って、一生懸命ブラシで飛ぶ所が良いです。

・主人公のキキが、魔女修行の途中で、突然飛べなくなります。しかし、自分の大切な友達トンボが飛行船から落ちようとしている瞬間、デッキブラシを持ったキキが片手で間一髪でトンボをキャッチするシーンが印象的です。

自由の冒険号の突風から、トンボを救出

・飛行船「自由の冒険号」が突風に巻き込まれて、乗船していたトンボを救出へ向かうためにデッキブラシを箒の代わりに跨って飛行するシーンです。キキの勇気が如実に表されています。もちろん生まれ育った村からの出立や海辺の街へ舞い降りる飛行シーンも好きですが、こちらの方を敢えて選びました。

・魔法が使えなくなったキキが魔法を取り戻そうと悩み、奮闘するシーン。
キキが最後にデッキブラシで飛んでいたので、魔法が使えるようになったのだと思いました。でもジジは喋れないままのようだったのが印象的でした。

・飛行船から落ちそうなとんぼを助けるシーン

物語のラスト、ジジが話せない・・喋らない・・

最後のシーンでキキが、ジジと言葉を交わせなくなるところです。ジジが普通の猫になってしまいます。

全シーン、全セリフが魅力的で名シーンが決められない!

・キキの成長物語、女の子が少女になって、少しだけ大人になる成長過程が自分の思春期と相まって、ノスタルジックな気持ちになります。主題歌がとてもあっていると思うので、映画を見終わったあともゆーみんを聞くと、キキが空を飛んでいるあの映画のシーンがよみがえります。

・見所はたくさんありますが、キキがどんどん成長していく姿が大好きで何度も見てしまいます。まずは旅に出るということを決心したこと、いきなり大雨で避難しなくてはならなくなり、自分で生計を立てていく。同年代の子達が遊んでる間も働き・・と、

自分は魔女じゃないけどぶち当たる壁やもどかしさとしっかり向き合って成長していく姿が大好きです。

最初に映画を見たのは自分がかなり小さい子どもの頃、自分と変わらないような主人公のキキが魔法がうまく使いこなせていないにも関わらず、独り立ちしようとしていくところが見所。

途方に暮れた見ず知らずのキキを迎え入れてくれるおそのさんや、シャイ?な旦那さん、いつも元気なとんぼ。今まで見た事も無かったような広大な景色と、きれいなレンガが広がる町並みもすてき。いまでも鮮明に浮かび上がってきます。

一番の印象的なシーンはだれしもとんぼを助ける場面では無いでしょうか。どきどきしながらスクリーンを見つめ、息をのんで毎回見てしまうシーンです。

最後に

というわけで口コミまとめていきました。

あなたのお気に入りのシーンや登場人物はいたでしょうか?
やはりラストのトンボ救出シーンの印象が強いようです。

のシーンだけに限らず本当に各シーンや登場人物の心情を丁寧に描いた作品なのだなっていう印象を受けましたね。
そうなるとやっぱり続編の映画化が気になりますよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.