Pocket

こんにちは!
今回は宝塚娘役で人気の桜咲彩花さんについて、お届けしたいと思います!

 

桜咲彩花がトップに

自分が応援している、宝塚ジェンヌがトップスターや、トップ娘役になってほしいというのはファンの心理としては当然のことですよね。
しかしトップになるというのは並大抵のことではないと思いますね。

 

桜咲彩花はトップなれる?ファンの声

もちろん桜咲彩花さんがトップになることを望む声がたくさん見られましたね。少しまとめておきたいと思います。

花組の娘役の桜咲彩花さんはもうトップ娘役にはなれませんか?
個人的に芹香斗亜さんとの並びが大好きなので、キキちゃんがトップになったときにはぜひトップ娘役になってほしいのですが、華優希ちゃんや音くり寿ちゃんが花組にはいるので……よろしくお願いいたします

・私もベーちゃん、大好きです!特に声!癒しオーラ全開ですよね。ただ、今の花組は男役娘役どちらも人材豊富過ぎです!(本来喜ばしいことなんですが、、)今からのトップ娘役は正直難しいと思います。でも、私は今は花組にベーちゃんが居てくれるだけで充分です。それなりに重要な役で出てくるし、今度の大劇場公演も明日海さんとそれなりに絡むシーンもありそうですし。今は、明日海さんと一緒に退団してしまうのではとそれが心配です。しばらく、花組の中堅として、頑張って欲しいですね!

↓  ↓  ↓

明日海りおの退団はいつ?!彼氏と目撃って・・?

 

・正直言わせてもらうと、なんで蘭ちゃんはなれたのにべーちゃんがなれないのか……納得がいきません。

スポンサーリンク

キキベーは本当に大好きなコンビなので、キキちゃんとトップコンビになってほしいです。でも100期にくり寿ちゃんと優希ちゃんがいますもんね… これからのべーちゃんの活躍を見守りたいと思います。

・トップ娘役にするなら、明日海りおさんがトップスターになった時に就任させるでしょう。桜咲さんも新公ヒロインを経験する等、一時はトップ娘役候補だったと思いますが、現在ではそれに相応しい役付や出番はないので、今後トップ娘役というのは考えにくいですね。

・現花組トップ娘役の仙名さんが研9就任で異例とニュースになりました。その時点で、仙名さんよりも1期上の学年の桜咲さんがトップ娘役になる可能性はないように思います。

↓  ↓  ↓

仙名彩世がと明日海りおとの仲は?

 

ということでファンとしても桜咲彩花さんがトップになるのかどうかというところがかなり注目があつまっているようですね。

しかし、トップを望む意見とともにかなり現実的な意見があるようですね。

 

桜咲彩花の私服

宝塚の人のプライベートというのは知られていませんし人を見るのは舞台の上
だけの人も多いのですが、実は私服姿が素敵な人が多いんですよね^^気になる桜咲彩花さんの私服を載せていきたいと思います!

まずは、夏服から..
こうして見ると、桜咲彩花さんがどれだけ華奢かハッキリわかりますよね。

女性らしいフェミニンな私服姿が素敵です。。

こちらは、冬服..夏と比べるとシックで大人っぽい私服ですね。。


やはり、私服一つにしても一般の方とは雰囲気が違っていて、オーラがありますよね。

 

桜咲彩花は太いのか

実は、桜咲彩花さんの体型について調べてみると、花乃まりあさんが退団された時に、桜咲さんは少し体型がぽっちゃり気味ではないかと言われていたのです。
実はこの頃、桜咲彩花さんはトップには選ばれず、この先も学年の関係からトップになるのは難しいのではないかと言われ、ファンの間では残念に思う声が多く聞かれま
した。


もちろん、相手役が誰かにもよりますし、トップを極める要因はたくさんあるのでしょう
が、そのなかでも挙げられていたのが体型だったようです。以下は、一般の方の意見です。

太ってしまった >
実力も容姿も微妙。愛嬌があるのは認めるけど痩せて欲しい。
(2015/03/09(月) 17:16)
べーちゃん >
今の変な花組にいるのは可哀想だけど、頑張れ。
(2015/03/07(土) 21:59)
太ってしまった >
顔がでかくなって鬼瓦みたいだった…脚まで太くなっちゃって…
腕から胸板から太すぎてびっくり。
痩せてくれ、トップは歌も不安定だし役幅狭いから無理だとは
思うけどおいしいポジではいれるでしょう。
(2015/02/28(土) 13:30)
笑顔 >
太めさんですが、笑顔が良い。
ダイエット頑張って。
トップは無理で脇役ポジションの人なんだ…。
ふて腐れたくもなると思うが、その人しかできない役割がある。
頑張って。

スポンサーリンク

一般的にはそれほど太っているようには見えませんが..確かに、宝塚の娘役というと、男役がより男らしく見えるよう、華奢な体つきの人が多いですもんね。そのため、お客さんの目も厳しいんでしょうね。

 

桜咲彩花の本名と年齢

桜咲彩花さん、というのは当然、宝塚での芸名になります。

「桜咲彩花」は「桜の花が彩り咲く」という意味になります。「桜」は好きな花です。
「彩」「花」は本名にある漢字です。「桜」「咲」「彩」「花」はタカラジェンヌに多い漢字です。名付け親は家族です。
そして、桜咲彩花さんの本名は「森部彩花」ではないかと言われています。


あだ名が「べーちゃん」であることと、芸名の彩花は本名からとられたものであるという情報が多いですね。
プロフィールなどには桜咲彩花さんの年齢は載っていませんでした。タカラジェンヌはみなさん年齢を公開していないみたいです。
そこで調べてみた所、桜咲さんは高校1年生の冬に初めて宝塚音楽学校を受験するのですが、失敗し3度めで受かっているんです。
2005年の4月に入学していることを考えるとこの時の年齢が18歳ということになりますね。

 

2018年5月現在の年齢は31歳だと思います。

 やはり、夢を売る仕事なのでまだ現役の桜咲彩花さんの本名や年齢はハッキリとは公表はされないのかもしれませんね。そもそもタカラジェンヌのはっきりした年齢は明かされるべきではないと思いますが、ファンとしては年齢が気になるのは仕方ないのかも知れませんが。

 

実家・自宅は?

タカラジェンヌというと、比較的実家がお金持ちで、お嬢様な方が多いイメージが
あるので、桜咲彩花さんの実家も気になるところですよね。

しかし、特にお店をやられているわけではないので実家について調べるというのはとても無理でしたので家族構成を紹介しておきますね!!
両親と弟と妹がいる五人家族のようです!!宝塚を目指すきっかけというかその前にバレエをやっていたのですがバレエを始めたのは母親の影響のようですね!!

また、宝塚に入団して実家を出た桜咲彩花さんは、実家についてこのように語ら
れていました。

実家に帰った時に、母の手料理を家族全員で食べる時が、私にとってかけがえのない大切なごはんかなと思います。
音楽学校入学と同時に実家を離れたのですが、実家に帰った時に出てくる“おかえり”という気持ちがこもった炊きたてのごはんと出来たての料理に勝るものはありません。
母の手料理はすべて好きですが、特に好きなのは野菜たっぷりの手づくり餃子やひじきです。
愛情のこもった手料理を食べられるのは本当に幸せなことですね。
ずっとあたりまえのように炊きたてのごはんを食べてきましたが、宝塚に入ってそれがどんなに心あたたまるものかを痛感し、もっと感謝しなきゃって思いました。

 

小学6年生のときに初めて宝塚を観劇し、その後観に行った「エリザベート」の公演に感銘を受けたようで、これが宝塚を目指し始めたきっかけかもしれませんね。
また、自宅についてはハッキリとは分かりませんでしたが、宝塚歌劇団宝塚大劇場のある宝塚市が本拠地で、生徒さんは宝塚市内かその近郊にそれぞれがお住まいのようです。

近郊出身者はご実家から通う方もおられるようですが、桜咲さんはインタビューの話を聞くと違うようです。
一定学年以下の生徒さんの為には劇団の寮もあるようで、東京公演中は、東京宝塚劇場での公演用の寮を使用したり、公演などがあちこちであるため、ホテルやウィークリーマンションを利用される方もおられるようですね。

ただ、桜咲彩花さんがどこに住まれているかは、分かりませんでした。

 

桜咲彩花の休演の理由

まず桜咲彩花さんの休園の理由についても調べてみました。

桜咲彩花さんといれると出てくるのが「休演理由」というのが出てきます!何か宝塚ともめたのか?はたまた大病でも患って休演したのか?などな
どいろいろ考えて調べてみましたが、桜咲彩花は花組東京公演の初公演を急に休んだことがあるそうです!
急病とかではなくてただの体調不良でしたが代役を立てて講演したこともあるそうですね!
他に休演したという情報もありませんでしたのでおそらくこの講演のときのことを言っているんだと思います!!

やはり、タカラジェンヌといえど生身の人間なので、こうした事は起こりえますよね。
休演と聞くと驚いてしまいますが、実はそれほど珍しいことではないようでした。現在は、トップとしての姿は見られなくなっているようですが、これからもどのような舞台を見せてくれるか楽しみですね!!

 

まとめ

ということで今回は桜咲彩花さんについてみていきました。

その他の宝塚スター、娘役の現在が気になる・・・!

↓  ↓  ↓

星風まどかはトップ確定でお茶会の様子は?!
大和悠河の熱愛の彼氏は弁護士?現在の収入源がすごい!
涼風真世の現在が妖怪とは?!不倫の真実・・・

伶美うららの退団発表と本当の理由・・
和央ようかの結婚式が豪華すぎる?
柚希礼音の彼氏米岡って誰?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク