Pocket

こんにちは!

今回は、子役、ローティーン向け女性誌の人気モデルからタレントに転身し、ドラマやバラエティなどで幅広く活躍する大沢あかねさんについて、お届けしたいと思います。

2009年にお笑いの劇団ひとりさんと入籍した、大沢あかねさん。大沢あかねさんの料理の腕前はなかなかという評判らしいのですが、それは小さいころから家事を手伝っていたからなんだそうです。今日は大沢あかねさんの子供時代とあかねさんの子供さんに関する話題を見ていきたいと思います。

 

大沢あかねの子供時代

大沢あかねさんの子供時代。どんな風に過ごされていたのでしょうか。芸能人の家庭というのは根っからのお金持ちの家から、もしくは少し家庭環境に難がある場合のパターンがありますよね。後者の場合、その逆境の状況を糧にして芸能人として大成功を収める人がいますよね。

実は、大沢あかねさんのご家庭は複雑で、お父さんは、大沢さんがまだ幼い頃に銭湯に行ったまま、それっきり帰ってこず、3歳のころにはお母さんの仕事場であるスナックに一緒に出勤していたそうで、ご自身の自叙伝に、その複雑な生い立ちが隠すことなく綴られていました。

母と共に昼に起きて、夜は仕事場へ。普通の子どもとは昼夜真逆の生活を送った。そんな幼少期の生活を彼女は苦しかったとは思っていない。「当時は、この生活が普通だとずっと思っていました。幸せだったし、お母さんには感謝しています。関西という土地柄もあったのでしょう。お母さんは、いわゆる大阪のオバチャン。喧嘩っぱやくて、明るくてすごくやさしい。

私の思い描いていた母親像とはかけ離れているが、誇りに思っています」恋多き母親が、次から次に連れてくる男性に好意を持ったことはない。大好きなお母さんをとられてしまうからだ。早く別れろと心の中で念じていた。

スポンサーリンク

テレビで見る、あの明るく愛らしいキャラクターからは想像もつかない幼少期を送られてきたのですね。でも、だからこそ、今の劇団ひとりさんとの家庭を大事にし、仕事に子育てにと完璧にこなすことの出来る素晴らしい女性になられたのかもしれませんね。

 

大沢あかねのピチレモン時代

また、複雑な幼少期を経て、大沢あかねさんは1994年に子役モデルとして芸能界デビューしています。大沢あかねさんのピチレモン時代を懐かしく思う人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今ではバラエティのイメージの強い大沢さんですが、2001年〜2004年5月までファッション雑誌「ピチレモン」で活躍し、若い女の子達から絶大なる人気を集めました。

 

ピチレモンは1986年から創刊されているティーンの女の子に大人気のファッション雑誌。2015年10月に休刊となりました。

なんとこちらのピチレモンの表紙は16歳の頃の大沢あかねさんです。初々しさと元気いっぱいな笑顔がとてもかわいいですね。ポーズもバッチリきまっています!

ポップな服と大きなお団子頭がまるでお人形のようにかわいい大沢あかねさんです。ウィンクがとてもキュートですね。

こちらのピチレモンの表紙は18歳の頃の大沢あかねさんです。
少し大人っぽくなったように感じますね。トレードマークの笑顔がかわいいです。

赤いハイビスカスが、元気な大沢あかねさんにとても似合っていて、かわいいです。カリスマモデルの貫禄を感じます。

人気ファッション雑誌ピチレモンを盛り上げているのが『ピチモ』と呼ばれているモデルさん達。
歴代のピチレモンモデルには有名な方達が沢山いるようですね。。

スポンサーリンク

 

歴代のピチレモンのモデル達

加藤あいさん、前田愛さん、栗山千明さん、蒼井優さん、松本まりかさん、平井理央さん、長澤まさみさん、中田あすみさん、黒川芽以さん、杉本有美さんなどなど、豪華なメンバーがモデルをつとめていたみたいですね〜!!

その中に大沢あかねさんもいらしたというのは、本当にすごいです(^^)

 

大沢あかねの子供の学校

2008年に劇団ひとりさんと結婚し2人の子どもにも恵まれ、今年で結婚10年目を迎えた大沢あかねさん。

現在はママタレントとしても活躍されていますよね。

  • 子供は現在2010年に長女を出産。2016年には長男を出産しています。
  • 長女の名前は、千花(せんか)ちゃんで、今年8歳。
  • 長男の名前は、咲也(さくや)くんで、今年2歳になります。

千花ちゃんは現在、年齢的に考えると小学校二年生。

咲也くんが二歳で保育園にあたるかと思います。

しかし、子供さんを守るためか、大沢あかねさんの子供さんがどこの学校なのか?についての情報は見つかりませんでした。

 

派閥による学校選びの違い

週刊誌の情報によるママタレ会にはどうやら派閥があるらしいですね。その2大勢力?が大沢あかねさんの「大沢会」と神田うのさんの「うの会」と言われています。

  • 最大勢力とされているのが神田うの率いる「うの会」。対極にあるのが大沢あかね率いる「大沢会」と坂下千里子率いる「坂下会」。この2つを束ねている裏のドンが千秋。新興勢力として台頭しているのが東原亜希。東原は千秋や大沢と仲がいいため、「大沢会」と「坂下会」との大連立を模索している。

 

「大沢会」にも「うの会」のような学校選びの傾向があるのかどうかを見てみます。大沢あかねさんの「大沢会」の特徴は、庶民的であること。神田うのさんの「うの会」とは対照的です。そして先の週刊文春の記事に「大沢会」のメンバーとして名前が挙がっていたのは辻希美さんと藤本美貴さん。

 

大沢あかねさんの子供さんの学校は不明ですが、大沢会のその他のメンバーの子供の学校選びからヒントが得られるかも知れません。

例えば、辻希美さんの子供さんの場合、

  • 2007年6月にタレントの杉浦太陽さんと結婚
  • 2007年11月26日に長女の希空(のあ)ちゃん、
  • 2010年12月28日に長男の青空(せいあ)くん、
  • 2013年3月21日に二男の昊空(そら)くんが生まれています。

 

2017年11月時点で希空ちゃんが小学校4年生、
青空君が幼稚園年長組、
昊空君が幼稚園年少組の年齢ですが、いずれもうの会メンバーのような有名幼稚園・小学校ではなく地元の公立の学校等に通っているのだそう。庶民的と言われる大沢会のイメージに合致していますね。

ということで、芸能人の方と言えども、意外に公立の小学校に通わせるケースもあるのですね。結構貴重ですよね。しかし、ママタレ界にも〇〇会のように派閥があることに少々驚いている次第です。考えが合うから同じ会を結成しているのでしょうが、そんな会は本当に必要なものでしょうか・・・

 

大沢あかねの子供の名前と年齢(画像あり)

  • お二人の第一子は、2010年に誕生。第一子の女の子の名前は「千花(せんか)」ちゃん。
  • 現在の年齢は8歳になっています。

大沢さんは、千花ちゃんを妊娠中もお仕事をしていたそうです。

下の画像が、千花ちゃん。

  • 2016年に生まれた第二子の長男の咲也(さくや)くん。
  • 現在の年齢は2歳ですね。

 

咲也くん誕生時も、千花ちゃんが生まれた時同様に劇団ひとりさんは父親として大層喜んでおり、「劇団よにんになりました」などと書かれていました。

下の画像が長男の咲也くん。

お顔の画像はハッキリとは見えませんが、あれだけ可愛らしい大沢さんの子供さんなんで、きっとどちらも可愛いんでしょうね!!

 

大沢あかねの「父親」

先程も触れましたが、大沢あかねさんは、シングルマザーの家庭に育ち、母親に育てられました。父親は、あかねさんが2歳の冬に銭湯へ行ったまま帰って来ず、失踪してしまっています。

お母さんのまみさんは、昼はトラックの運転手、夜はホステスというドラマのような生活を3年ほど続け、自分の店を持ったということで、大沢あかねさんは大沢啓二さんの孫、つまりあかねさんのお母さんであるまみさんは啓二さんの娘なのですが、実は40年も前に離婚した妻との間の子であったということなのです。
2人は離婚後、それぞれ再婚をしたのであかねさんが大きくなるまで啓二さんとは接点がなかったとのことです。

こうして、大沢あかねさんのご両親に関して調べてみると、大沢あかねさんが大沢啓二さんの母方のお孫さんである事は分かりますが、お父さんに関しては、銭湯に行ったまま失踪したことだけしか分かりませんでした。父親は恐らく一般の方なので、情報は何も出てこないのでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、タレントの大沢あかねさんについてお届けしました!

スポンサーリンク